写真

リハビリテーション部

こちらでは当院のリハビリテーション部についての紹介を行っています。
唐津在宅リハビリテーション広域支援センターについては 「地域リハビリ支援」のページをご覧ください。
外部から講師を招いた研修会を開いております。スケジュールや詳細情報の確認、 申し込みはこちらから行えます。

理学療法(PT)

リハビリ室理学療法では、早期から維持期、入院から外来までいろいろな状況に応じた活動をしています。
  • 病気やケガなどで身体などに障害を受けた方に対して、身体機能の改善、 寝返り、起き上がりなどの基本動作の改善、日常生活動作の改善への援助を、 運動療法を中心に行っています。
  • 物理療法は痛みの軽減のためなどに行います。
  • 障害の状況に合わせた装具や杖などの補助具の指導、在宅生活に向けた 退院前の訪問による住環境整備の指導を行っています。

作業療法(OT)

 私たちが日頃なにげなく行っている身の回りの動作、家事動作、趣味などの 余暇活動が何らかの理由でできなくなり介護を要する状態になった患者様に対して、 生活の維持、向上を目的として訓練室・病棟・病室・外来通院にて訓練・指導を行っています。

 また、退院前の患者様に対して必要であれば自宅へ訪問し住宅改修の助言も行っています。

言語聴覚療法(ST)

 脳血管障害などの後に生じた、話し言葉・書き言葉の障害(失語症)や、 呂律が回らない障害(構音障害)をもつ方に対して、機能の改善とコミュニケーション能力の 向上をめざして、リハビリを行っています。

 また、食べ物をうまく飲み込めない障害(摂食・嚥下障害)をもつ方に対して、 飲み込む機能を改善するリハビリや、食べるときの姿勢、食べ物の形態、飲み込み方などを 細かく検討し、安全に食べることができるように、援助を行っています。

 この他にも、頭部外傷や脳血管障害などの後に生じた、注意障害、記憶障害などの 高次脳機能障害をもつ方に対して詳しい検査を行い、家庭復帰や職場復帰を目指した リハビリを行っています。