松籟病院トップページ > ごあいさつ

ごあいさつ

理事長あいさつ

医療法人松籟会 理事長 井上 克己

「こころの医療」の理想形を求めて、一歩ずつ着実に前進しています。

 昭和29年、亡き父井上安郎を院長に、職員数わずか7名で始めた小さな医院。それが当院のはじまりです。以来、心地よい風が吹き抜ける名勝・虹ノ松原の一隅で、地域の皆様に支えられながら、半世紀を超える歴史を刻んでまいりました。

 内科や眼科へ行くように、心の調子を崩したときに誰もが気軽に訪れることができる病院をつくりたい――そんな開業以来の理想像に少しでも近づこうと、当院はさまざまな取り組みを重ねて、今日に至っています。

 25年前、多様な併発疾患を起こした患者さまへのケアを念頭に、内科や脳外科、緩和ケア病棟まで備えた救急病院「河畔病院」を立ち上げたのも、その一環です。現在では介護老人保健施設「ケアハイツ虹」とあわせて医療法人「松籟(しょうらい)会」を組織し、患者さまへの対応領域を大きく広げています。

 また訪問看護や作業療法、家族の方々への情報提供にも目を配った心理教育プログラムなど、多彩な取り組みを通じて治療内容の充実を図っています。

 2010年12月には、3階建ての新病棟も完成し、ちょっとした心の不調から、高度な治療を要する重篤な疾患まで、より幅広いニーズにお応えできる体制が整いました。

 この新病棟の完成を機に、当院は「唐津保養院」から「松籟病院」へと名称を変更し、また新たな一歩を踏み出しました。松籟とは「さわやかな松風の音」という意味。俳句を愛した父が、「こころの医療の未来」に向けた志を、そっと託した言葉です。

 変わらぬ志を、最新の医療技術で。私たちの取り組みは、これからも続きます。

院長あいさつ

医療法人松籟会 松籟病院 院長 井上 素仁

「ここに来れば、ほっとする」そんな病院を目指しています。

 「こころの医療」が身近な存在になっています。
 わずかな体の不調が時として重大な病気を引き起こすのと同様に、悩みやストレスといった「こころの健康問題」をずっと心にしまい込み、悪化させ、ついにはストレス障害やうつ病に至ってしまうケースが増えています。そんなとき、もっと気軽に精神科のドアをたたいてほしい。外科や内科に行くのと同じく「こころの健康問題」にも早期治療が有効です。しばらく通院してこころの健康を回復する方、短期間の入院治療で全快される方も多く、悩みを打ち明けるだけで元気を取り戻される方もいらっしゃいます。精神科の持つネガティブなイメージを払拭し、誰もが気軽に訪れることのできる そんな精神科病院でありたいと思っています。

 当院は、外来から入院加療まで、心の病気に関する幅広いニーズにお応えする医療機関です。今回、改築により、精神科救急を中心とする閉鎖ゾーン、ストレスケアを中心とする開放ゾーン等を新たに開設し、患者さまの病状に合わせた適切な診療・看護を行うとともに、安心して心地よい入院生活を送っていただく環境を整えることができました。
 また、ハード面の充実とともにソフト面の充実、患者さまと向き合うスタッフの姿勢も大切にしています。7名の専門医が常駐し、患者さまの症状に応じたきめ細かな治療を実現。看護師や他の職員も心を込こめたお声かけを心掛けております。つねに患者さまと向き合い、対話とコミュニケーションを重ねながら、こころを癒すお手伝いをしていきたい。
 こころが風邪をひいたかな?と思ったら、ぜひ気軽に当院へお越しください。