松籟病院トップページ > トピックス

トピックス

トピックス

本多副部長が精神科認定看護師に認定されました

精神科認定看護師とは

領域は老年期精神障害看護です。
精神科の看護領域において、優れた看護技術と知識及び実践能力を有することが認められた者をいい、次の事柄において指導的役割を果たすことが期待されています。
①専攻領域において、すぐれた看護実践能力を用いて、適切な看護を行うこと。
②専攻領域において、他の看護領域の看護職に対して相談に応じること。
③専攻領域において、関係する医療チームと協力して、質の高い看護実践を行うこと。
④専攻領域において、看護技術の知識の集約に貢献すること。

 
看護にあたって 本多副部長コメント

認知症やそれ以外の高齢者の方々の精神的な不安からくるBPSD(行動心理症状)などの症状について、その人らしく生きる支援を目指しています。
高齢者の方々がかかえる様々な不安や行動について、できるかぎり五感を駆使し、その方との出会いを大切に看護を展開します。
認知症は誰もが通る道だと考えています。家族も含めた支援ができればと思います。

 
写真2

本多副部長

写真5

精神科認定看護師マーク